最近のトラックバック

baner

漫画

少女まんが家になっちゃおう!―子どもマンガ教室スタート!

小学生のためのマンガ教室がスタートしました!

名付けて「少女まんが家になっちゃおう!」shine

前回、初めてトライアルレッスンをやってみての感想ですが・・・

「難しいけど楽しかった~!そしてめちゃくちゃ疲れた~!!!」

子どもたちも同じ感想だったようで、1時間があっと言う間でしたnote

うちの長女なっちゃんと、おともだちのRちゃん、二人でのスタートでしたが、

うん、このレッスンは4人までが限界ね。

2年生と3年生の女子が、どんなレベルの絵を描けるか、どんなことを知りたいか、

何を教えて、何を教えるべきで無いか・・・難しい部分が沢山あるけど、子どもたちが目をきらきらさせて私の話に聞き入り、手を動かす姿は、なんだか本当に感動的shine

第1回目のテーマは「かわいい女の子の顔を描く」でした。

今はひたすら、「かわいい女の子を描けるようになろう!」というテーマに沿ってやっていくつもりですが、でもね、本当に教えてあげたいことは違うんだよね。

今はネットが普及して誰でも「マンガ家みたいなこと」が簡単にできるようになった時代だし、なんの気負いも無い落書きのようなマンガが、ポッと売れたりしてしまう時代だけど、

本当は、プロになるって違うんだよってこと、私は「別冊マーガレット」時代に教わって、それはそれは目から鱗だった。

家でひとりで作業できて、間違えてもデジタルでササッと修正が効いて、届けに行かなくても入稿できる。そして自分でもネットにアップできて、読者に簡単に届く。

本当に便利な環境になって、プロもアマもどこに線を引いたらいいのか分からない時代になってしまったけれど、だからこそ、「プロ」とは何なのか?が問われる時代なんです。

それは絵のうまさでも、原稿を描くスピードでもない。売れる・売れないでもない。

(あ、もちろん私だって売れたいですがcoldsweats01

私はそれは、世の中に作品を発表するリスクを、全て引き受ける覚悟だと思っています。

出版社や編集者の責任ではないです。自分の名前で出し、お金をもらうと言うことはそういうこと。

「趣味で描いているだけなんで。」という逃げ道を自ら封じる覚悟がある人が、プロなんです。

ではその覚悟はどこから生まれるか。

それは、本を読み、人の話を聞き、自分自身で体験する中で、自分の考えや伝えたいことをしっかりと持つこと。

恋愛マンガだってホラーマンガだって、癒やし系猫マンガだって同じ。

「伝えたいこと」がない人は、プロには向かない。

もちろん、2年生や3年生じゃそんなテーマはまだ早いですsweat01

マンガ教室を通して、私の言葉や態度から、「プロって、やっぱり何かが違うんだな」と感じ取ってもらえたらと、今はそう思ってます。

・・・ひるがえって、私自身がもう一度ちゃんと「プロ」であることを、考えなければいけないと言うことでもあるんですけどねsweat01

第2回は今週土曜です。

今回は「かわいい女の子の髪の描き方」ですheart01

お知らせ―「お産トラウマは怖くない!」発売!

半年かけて書き上げた電子書籍がいよいよ発売になりました~!
Photo
 
Amazonなどの主要電子書籍店で、順次発売になっていきます!
「助産師さん呼びましょうか?」を読んでくださった皆様には、是非是非続けて読んでいただきたい!!!
というのも、この本はこれまで誰も扱ってこなかった「お産トラウマ」に真正面から挑んだ意欲作だからです!
この本の企画をしたのは、実は昨年2月ごろ。
発売まで結局半年以上を費やしました。
本当~に大変だった!
・・・というのは、こうした「お産トラウマ」に関する一般向けの書籍って、これまで全然なかったんですよ。
だから書こうと思ったのですが、裏を返すと、それだけテーマとして難しいということでもあります。
 
「無事出産できたのに満足できないのはなぜか?」
 
みんなが触れない、触れたがらない、いえ、触れることができない・・・
そんなテーマが「お産トラウマ」なのです。
実は、「お産トラウマ」の話を始めようとすると、必ずついて回るのが
「お産トラウマなんてぜいたくな悩み!」
というお叱りの声です。
当然、子宝に恵まれない方、悲しいお産を経験された方からすれば、
ぜいたくな悩みと映ることでしょう。
また、お産はつらくて当たり前、という認識も日本では根強く、
「つらかった」と訴えたところで
「だから何?」
と返ってきてしまうのが実情です。
 
ですから、このテーマをどう扱うか、私自身もとても慎重になりました。
また、医療従事者でない私が説得力を持って話を進めていくには、私自身の妊娠・出産体験だけでなく、「助産師さん呼びましょうか?」を書いたことで得られた経験、そして、自分が実際にバースレビューを主宰してみての実感・・・それらがそろった上でなければ書けないとも思いました。
そして、一番肝心なことは、楽しくなければ意味がない!
あくまでも全編マンガで、読んでいて楽しく、すべての女性が「応援されている」と感じられる内容にする!!!
というわけで、気が付いたらこんなに時間がたっていたのです。
 
「お産トラウマ」というほど大変な経験をしたわけじゃない、という方でも、この本はいろいろな立場で読むことができると思います。
また、産科医療に携わる方にも是非読んでいただきたい!
これから助産師さんを目指す方、産後ケアについて興味のある方、
そういう方は特にです。
また、妻が緊急帝王切開を経験したとか、安産だったのにつらそうにしている、なんていう夫の皆様にもおすすめです。
女性の心理がタイプ別に分かりやすく解説されています。
これから出産を迎える妊婦さんももちろん!
自分が陥りやすい負のスパイラルを予習しておいて、絶対に損はありません!
この本もまた爆発的に売れるような本ではないかもしれませんが、
「お産トラウマといえば、まずあの本!」
と言ってもらえるような、細く長く読んでいただける本になってほしい。
そして、必要な方にこの本がきちんと届きますよう・・・。
 
うん、そのためにはある程度売れて、知名度は上がってほしいですね。
そんなわけで、是非皆さん「お産トラウマは怖くない!」をよろしくお願いします!
 
 
 
 
 

アメリカあるある-葛藤

3_3

アメリカではCOSTCOは「コスコ」、IKEAは「アイケア」と発音するんですヨ。

どうです?カッコイイでしょ?サングラス頭に乗せて言ってみたいでしょ!?

でもね、英語ペラペラじゃないんでね、気恥ずかしいなぁ、私は。

No7-「人は環境に適応する生物である」

71


72
73_4

No6-ああ、英語・・・。

61_2
62_2


63_3

64_4










No5-はる君2歳になりました!

51_2

52


53_2




No4-はる君初試練inUSA

41
42
43



No3-アメリカあるある(2)

N3

No2-アメリカあるある(1)

21

No1-渡米19日目の出来事。

11c



12b_2

より以前の記事一覧