最近のトラックバック

baner

« 2014年6月25日 | トップページ | 2014年6月30日 »

2014年6月27日

ラブ・アメリカン!Vol.8-「Tim GunnプロデュースBarbie」

さあさあ、とうとうこのお方を出してしまいますよ!

アメリカ女子代表!といえばこの方!81

もう皆さん、ご存じですよね!着せ替え人形のバービーです。

日本で言うところのリカちゃん人形、アメリカ女子の定番玩具!

とはいえこちらはコレクターのためのバービーなので、おもちゃのバービーとは少し仕様が異なりますが。

手足の関節も動かないし、身長も高く、全体的に細身です。

いやもう、美しいでしょ?カッコイイでしょ?これぞニューヨーカーって感じでしょ?

え?アップでお顔を見たい?もちろんお見せしますよ~!

82


・・・ため息が出ますね。

このコレクター用バービーは、Tim Gunnという、まぁ、日本で言うところのドン小西でしょうか。日本でもこの方のテレビ番組を放送していたことがあったので、顔を見たら分かる人も多いのではないかしら。

ファッションで困っいてる素人さんの家に行き、クローゼットのチェックをしたり、一緒に買い物に行って変身させたりするアメリカの番組でしたが、NHKだったかしら。面白かったわ。

そのティム・ガン先生がプロデュースし、彼の思う「カッコイイ女」のエッセンスがぎゅっと詰まったこのバービー!

私は完全に一目惚れ!!!

29ドルぐらいだったと思うけど、ついでに冬用の着替えまで一緒に買ってしまいました。

83

小物がまたイイでしょ!?モバイルにコーヒー、大きなルーフピアス、サングラス、モノトーンのコートにマフラー、雑誌まで付いてます!

はぁ~・・・こんなコスプレ?して、NYを颯爽と歩いてみたいわ~・・・。

・・・思うんですけどね、こういうのをカッコイイと思える女子を、日本もきちんと教育した方が良いのでは無いでしょうかね。

チェックのミニスカートに姫毛をたらして・・・それも確かに可愛いですが、その時期を過ぎたら次はこういう成熟した女を目指す、そういう、大人にシフトしていく楽しさを、ちゃんと教育しないと。

日本の男子がどんなに「幼さ」に魅力を感じる生き物だとしても、もう、放っておけばいいのです。世界標準に、女子だけでも合わせていきましょうよ!

なっちゃんには是非とも、そういう価値観を持った女性に育って欲しいものです・・・という私の願いが通じているのか、このバービーを出していると必ずこうなるんですよね。84
え?大人げない?私が?

いやぁ、触らせませんよ。成熟した女でもね、大事なものは大事なんですっ。

これも教育ですからっ!

« 2014年6月25日 | トップページ | 2014年6月30日 »