最近のトラックバック

baner

« 2013年8月7日 | トップページ | 2013年9月26日 »

2013年9月7日

文章だけですみません-宮崎監督について

ネットで日本のニュースを見ていますが、とうとう本気で宮崎駿監督が引退を表明したんですね。

私は、宮崎監督の作品はどれも好きです。

世界的に評価の高い方ではありますが、きっとそばにいたら大変だろうな~、

頑固そうで、いろいろうるさそうで、絶対下で仕事はしたくないな~と思わせる感じも、

(もちろん私の想像ですよ)とても好きでした。

多分、どの漫画家よりも、私の創作活動に影響を与えてくれた人物です。

小学生の頃、近所の文化会館で見た「風の谷のナウシカ」は私の人生を変えてくれました。

あんなに映画で「感動」したのは初めて。

アニメーションってすごい!フィクションってすごい!人の想像力ってすごい!!!

そして主人公ナウシカを真剣に尊敬しました(^^;)

最後の作品となった「風立ちぬ」も、きっと、思いの詰まった映画なんでしょうね。

日本では賛否両論みたいですが・・・。

私の勝手な妄想ですが、宮崎監督はずっと、観客に「成長してほしい」と願っていた気がしてなりません。

やさしく作品を解説して、かみ砕いて、勧善懲悪を描くことを、あるときからやめた気がしますが、それは世の中がより便利に、わかりやすい方向に流れて行っているからだと思います。

破綻しない筋の通ったストーリー、誰にでも分かるテーマ、ラスト、そんなものは本当は簡単にできるのだけれど、それをやったら作品は、いえ、観客は、考える余地を失ってしまう。

「考えよう!もっと頭を使おう!行間を読む、という行為をめんどくさいと思うな!」

というメッセージを、私は常に感じていました。

それを、子ども向けのアニメーションという手法で、大々的に、世界的にやってのけた宮崎監督は、やっぱりすごい!!!と思うのです。

とはいえ、私がいちばん好きな作品は

「天空の城ラピュタ」。

もっとああいう作品を作って欲しい!と、言う人も多いけれど、私はあれ1本で充分です。

だって、あの中にすべて詰まっているから。

あれ1本を愛し続ければいいのです!

宮崎駿監督、長編アニメーションは卒業されましたが、まだまだ、必ず何かやってくれます!

わき上がるイマジネーションと、「今の社会は問題だ!」という危機感で、必ず、またなにか、やっちゃうんでしょうね!

一ファンとして、今後も楽しみにしています。

« 2013年8月7日 | トップページ | 2013年9月26日 »