最近のトラックバック

baner

« 2013年5月1日 | トップページ | 2013年5月22日 »

2013年5月18日

Diversity Day!

やっとベビーシッターさんが見つかりました!

当初お願いしようと思っていたブラジルの子から、いろいろあって、20歳のアメリカ人の女の子に変わり・・・その経緯はまた改めて。

やっと来週の火曜日、試しに2時間、やってみます。どうなることやら。

というわけで、今日もマンガはなしですが、とってもイイ体験をしたのでご報告です。

昨日はなっちゃんの通うインターナショナルスクールのお祭り「Diversity Day」でした。

多種多様な民族、国籍の違いを認め合うという趣旨の元、一日色々な行事が行われます。

親も、自分の国の文化を紹介する授業を、20分ほど、自分の子どものクラスで行います。

もちろん有志なので、1ヶ月程前「DiversitiyDayにクラスで授業をしてくれませんか?」というプリントをなっちゃんが持って帰ってきたときには、

「だって英語でしょ?・・・無理」

と放置していました。

でも、なんとなく気にはなっていて・・・同じクラスになっちゃん含め日本人が4人いることもあり、ついには誘い合って、一緒に「折り紙の紹介」をやることになりました!

私は絵の特技?をいかして、画用紙何枚かに、日本地図やら、寿司やら富士山やらお相撲さんやら描き、それを簡単に紹介する部分を担当。

5~6歳児相手なので、英語は簡単に、簡潔に。

プログラムは、私の簡単な日本の紹介に始まり、折り紙紹介、デモンストレーション・・・

途中にクイズをはさんだり、最後は、折り紙でつくったお相撲さんを配ってトントン相撲勝負!という飽きさせない展開に。

お母さん方4人で2回集まっただけで本番でしたが、準備もワイワイ楽しく、本番も子ども達がノリノリで、本当に楽しい授業になりました。

なっちゃんが普段、このお教室でこうやってお友達と過ごしているんだな~というのも垣間見られたし・・・。

そして午後からは、子ども達がそれぞれの国の衣装を着て体育館に集合。

各国の代表を任命された子どもが一人ずつ、小さな国旗を振りながら入場してきます。

なっちゃん含む日本人の子ども達も浴衣やはっぴに着替えました。

「メキシコ!」

-なんていうアナウンスとともに子どもが入場してくる様は、もう完全に「小さなオリンピック」です!

まあ、とにかくいろんな国の子がいるはいるは・・・アジア人以外はみんな同じに見えていたのに、一体何カ国から集まってきているの!?

そんな子ども達に「It's a small world」を合唱されたら、そりゃあもう

「うん、世界は小さい!仲良く行こう!!」という気分になるってもんです!!!

15年前、単身でNZに渡ったときには経験できなかったことがいっぱいできた今回のDiversity Day・・・。

私にとっては一生忘れられない思い出になりました。

なっちゃんにとっては・・・どうかな?

あの時、あの場所に居た、というその価値を、理解できる日が来てくれたらいいなぁ。

« 2013年5月1日 | トップページ | 2013年5月22日 »