最近のトラックバック

« お知らせ-書籍購入方法ページを作りました。 | トップページ | プロローグ2-じゃあ子どもの英語はどうするか? »

プロローグ-「英語ができなくて何が悪い?」

「アメリカに行くことになった」と話すと、たいてい次に聞かれることは・・・

「NAOKOさん、英語大丈夫?」である。

そりゃそうですよね。

逆の立場なら私だってそう聞くと思います。

お答えしましょう。

ハッキリ言って、私は英語は苦手です。

そしてハッキリ言って「英語ができなくて何が悪いの?」と本気で思っています。

そう思うようになったきっかけは、24歳の時にワーキングホリデーで行った、ニュージーランドでの経験です。

大学を卒業したばかり、受験英語も多少は頭に残っていて、まだなんでも吸収できる若さもあって・・・。

でも、私の英語は大してうまくなりませんでした。

帰国してTOEICを受けたら650点ぐらいだったかなぁ・・・。

8ヶ月も居たのに、なんだったんだろうってぐらいの点数でした。

でも、私のワーキングホリーデーは、それで充分事足りてました。

2軒のホームスティ、語学学校での勉強、韓国人の女の子とのルームシェア生活、農場でのアルバイト、そしてニュージーランドを1周するひとり旅・・・。

色々やったような気はするけど、気がつけば使う英語はだいたい限られていて、旅先で初めて会った誰かと食事をする時も、だいたい会話の内容はいつも同じ。

「日本では大学生で、卒業してすぐここに来たの。」

「帰ったら就職だけど、まだ何をするか決めてない。」

「ところで、ニュージーランドはどこを旅した?どこが良かった?」

そんな事を繰り返しているウチに、私はふと気付いてしまったんですよね。

「例えもっと英語ができても、私にはこれ以上話すべき事がなにも無い」

という驚愕の事実に・・・。

24歳になったばかりの私のヒストリーはあまりにフツーで、なんの思想も目標も無く、ただ、

「外国に行けば何かあるかも」と安易に逃げ出してきただけのニュージーランド。

何かの目的があって、どうしても英語が必要なら、その英語は必ずうまくなります!

そう、必ず!!!

でも、「外国に行ったら何かあるかも」だけの人間には何も起こりません。そりゃ、多少はうまくなりますよ。リスニング力もつくにはつくけど・・・。

だってさ、英語は所詮ツールだから。

話すべきことが何も無い人間は、さっさと日本に帰って、自分を見つめ直した方が良い。

「日本人として魅力的であることの方が、英語力より大切である。」

絶望的な結論を抱えて帰国した私は、それから1日13時間漫画を描き続け、半年後にデビューしました。チャンチャン

そんな訳で、私は今でも、英語はどーでもいーと思ってます。

だから文法的間違いも、ほとんど恐れません。

大阪のおばちゃんのノリでしゃべくり、軽いジョークも言って笑えます。

でも、当然間違いだらけで、一向に上達の気配はありません。

ある意味、英語をナメてます。

さぁて、そんなスタンスで旅立とうというアメリカ育児編。

問題は、今回は子連れだって事ですね。

病院とか、学校とか、さすがに英語をナメてかかれない場面が多数・・・。

どうなるんでしょうかねぇ。

とりあえず「良く分かんないからもう一度言って」と言える勇気があるってだけで、

なんとかなりませんか?

« お知らせ-書籍購入方法ページを作りました。 | トップページ | プロローグ2-じゃあ子どもの英語はどうするか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文章」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
お久しぶりです。
アメリカですかっ! 波乱の展開ですね。
漫画のネタ満載になること楽しみにしていますね。

気をつけて行ってきてください。

Rakanさん、お久しぶりです!
漫画のネタ満載・・・は本人は全く望んでおらず、
平穏に暮らせるようひたすら願っているのですが・・・。

頑張らないで行って来ます!
Rakanさんもお体に気をつけて~

英語できなくて何が悪い!と言い切れるのがすごいです。
NAOKOさんはニュージーランドでの経験でそんなことを考えていたのですね。
中身が大事。たしかにそのとおりですね。

英会話講師やってた友達にアドバイスされたのが、文法の間違いとか怖れず、とにかくしゃべること、とは言われたのですがなかなか思いきれません。
典型的な日本人のダメパターンのようです…
でも私も発音はべつに日本訛りでもいいじゃないか、母語じゃないから当たり前と思ってるところもあります。生意気にも。英語が母語でも訛ってる人たくさんいますし。そもそもどの英語が正統かなんて決められませんし。
自分の言いたいことが伝わればそれでよし、てのはありますよねぇ。
ただもっと深い話をしたいのに!てときに自分の会話力が追いつかなくてすごく悔しいときもあります…やっぱりある程度の水準まではがんばらないとダメですね(笑)

三日月ちゃん、ホント、そう思います!
発音なんて、通じればいいのよ!

また英語については改めてブログのトピックにするつもりだけど、こちらに3ヶ月居ても思うことはほとんど変わってません!
もちろん「英語ができたらかっこいいなぁ~!」
とは心底思うし、どんなに強気でいたくても、英語ができないが故に弱気になったり、会話を避けたりすることもしばしば
英語ができれば日常生活をもっとスムーズに楽しめて、周りの人とのコミニュケーションもリラックスしてできるのになぁ・・・って、改めて実感もしています。

でも「私の人間性と英語力は関係ありませんから」という堂々とした態度は、私は絶対必要だと思っています。
だから「英語ができなくて何が悪い!」は、むしろポジティブなんじゃないかと

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロローグ-「英語ができなくて何が悪い?」:

« お知らせ-書籍購入方法ページを作りました。 | トップページ | プロローグ2-じゃあ子どもの英語はどうするか? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

おすすめブログ






無料ブログはココログ