最近のトラックバック

baner

« 2011年5月9日 | トップページ | 2011年5月20日 »

2011年5月17日

水中分娩説明会に行く

昨夜は前・前駆陣痛?のようなお腹の痛みで寝たような寝てないような・・・。

結局なっちゃんを送り出して朝食を食べた後10時まで寝てしまったsweat01

下痢気味だし、なんだかお腹と腰が重くだるい・・・これって以前にも経験が・・・と思い返したら、前回の出産で、破水入院した直後ぐらいの体調とくよく似ているのでしたcoldsweats01

ああ、近いな・・・と嬉しいようなブルーなような・・・。

昨夜、うつらうつらしながら見た夢は「ああ~っこれこれ!これが陣痛だった~!」と入院の準備をしながらお腹を押さえつつタカに叫んでいる場面。数日後には同じ場面が再現されるんだろうなcoldsweats01

それにしても、昨日見た「水中分娩」のビデオはすごかった!

実は昨日、日赤で水中分娩の希望者を対象に行われた30分ほどの説明会に行ってきたのです。前回の検診でS先生に「水中分娩やってみたら?」と言われ、いままでまったく興味もなく、いえむしろ「絶対私には無理!!!」と思っていたのに、急に説明会に行くことになり・・・。

水中分娩、って、まあ要するに浅めのお風呂のようなところにザブンと入り、中で赤ちゃんを産むわけです。体温と同じくらいの水温で、妊婦もリラックスでき、最終的には妊婦が自分の手で赤ちゃんを取り上げるというすごいクライマックスが用意されております。(興味のある方はご自分で検索を)

正直、やりたいかやりたくないかと言われたら「そんなに冷静に自分の出産を楽しめたら、今後の人生で怖いものは一つもないね」という感じ。

自分の股から出てきた自分の赤ちゃんを水中から引き上げて抱きかかえるって・・・出来ます???

そんな興味と怖いもの見たさで参加した水中分娩説明会なのですが、小さい部屋に希望者が集められ、再現ビデオを見た後、助産師さんが質疑応答という感じで割と簡単に進められました。

ビデオは日赤の助産師さんが水着で妊婦役をシュミレーションしているもので、水中に入る前から、出産、分娩台に戻ってカンガルーケア、というところまでを再現してありました。

いやもう何がスゴイって水中分娩の様子もさることながら、その妊婦役の助産師さんの演技が拍手もの!!!

どんな名優もあんなにうまく演技できないんじゃないかと言うぐらいの演技力で、妊婦が陣痛に苦む姿、もだえる姿、そして生まれ出てくる赤ちゃんを自分の手で取り上げる感動の姿を演じきり、私なんて涙を流しちゃいましたよっ。

あのビデオを見た参加者・・・どう思ったのかしら。私は「私には無理」と「アレが出来たら人生変わるかも」という葛藤に飲み込まれ悩み中。

とはいえ、どんなに希望していても水中分娩はよっぽど条件のそろった妊婦さんしかできないようです。

これまでの妊娠経過が良好で、分娩経過も母子共に順調、そして水中分娩室に空きがあり、病院側スタッフにも余力がある時のみって、実はなかなか揃わない条件のようです。

私の場合全ての条件が揃っても「コワいから無理!」という理由で棄権しそうな気もしますが、どうころんでもいいように、とりあえず担当医の承諾と自分のサインをした書類を準備してみようかな~と思います。どうなることやらcoldsweats01

ちなみにタカは私が説明会に行くまで「は?水中分娩?本気?」という感じだったのに

「最後に私がテンパって赤ちゃんを取り上げられなかったらタカが引っぱり出してよ」と言ったとたん目を輝かせshine「それって究極の立ち会い出産だよね」だそうで・・・。

理系人間の恐ろしさ思い知りましたgawk

« 2011年5月9日 | トップページ | 2011年5月20日 »