最近のトラックバック

baner

« 第20話-つわり考(1)命の恩人 | トップページ | 第22話-赤子より大きい赤子 »

第21話-健康なら・・・

なっちゃんを妊娠した頃からでしょうか・・・。

芸能人の結婚やおめでた会見などで行われるこんな質疑応答に違和感を覚え始めた。

21

いっそ「どっちだとしても誰もが振り返る美形の子どもが生まれるハズです。」

ぐらい言ってくれたら笑って済ませられるんですが・・・。

謙遜して言っているつもりが、実は一番高望みなことを言っているということに気づくのは、やっぱり出産した後なのでしょうか。

あまり深く考えていないのでしょうが、一歩間違えると差別発言になりかねないと思いませんか?

「健康な子」が生まれるのは奇跡。

それだけは忘れちゃいけない気がします。

ちょっと気にしすぎ?

« 第20話-つわり考(1)命の恩人 | トップページ | 第22話-赤子より大きい赤子 »

漫画」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

NAOKOさんのおっしゃることにまったくもって賛同します。
私もいつも「健康な子供でなかったらどうするんだ?」と思っていました。
結婚をしていない私がいうと説得力を欠くかもしれないですが、「子供を持つ」ということは大変リスクを伴うことだと考えています。何かしらハンディキャップを背負った子供を持ったらどうするか、そうでなくても子供が大きくなって、何かしら人様にご迷惑をかけるようなことがあったらどうするか、そこまで考えて子供を産み、子供に接して行く必要があるのではないでしょうか?
そういうことを考えないで子供が出来たから結婚します、そして他に好きな人が出来たから別れます、って感じの人が多いように感じます。
どんな子供でも夫婦で背負って育てて行く、その覚悟なくして、子供を産む資格はないと思います。
子供を持つNAOKOさんの言葉に説得力を感じると共に、強く共感した次第です。

湘南の熱い風さん、ご賛同いただき嬉しいですhappy01

私がなっちゃんを妊娠中、区の母親学級で保健師さんが「今は生まれてくる赤ちゃんの健康のことなど不安も沢山あると思いますが、是非沢山不安になって心配してください。そうして色々考えることが、いじめや差別のない社会を作っていく元になるはずです。」
と言っていたことがとても印象的でした。

子どもは親の鏡。
どんな人とでも垣根を作らず自然体で接することができる人間に育ってくれるよう、私ももっと成長しなければ、と思いますconfident

考えすぎです。
深い意味は無いと思います。

通りすがりさん、コメントありがとうございました。
って、そうか、通りすがりさんだから、お礼を言ってももう見てくれないのかなcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508114/50015975

この記事へのトラックバック一覧です: 第21話-健康なら・・・:

« 第20話-つわり考(1)命の恩人 | トップページ | 第22話-赤子より大きい赤子 »